德薙零己の読書記録

お勧めの書籍や論文を紹介して参ります。

おじいちゃんといっしょドラッカー講座朱夏の陽炎

小黒一正著「財政危機の深層:増税・年金・赤字国債を問う」(NHK出版新書)

財政危機の深層 増税・年金・赤字国債を問う (NHK出版新書)

本書は2014年末の、すなわち10年前の我が国の財政を客観的に知るのに有益な一冊である。氏の掲げる改善策については賛否両論が湧き上がるであろうが、否定する場合でも客観的データは信頼置けるといえよう。

その上で痛感する現実がある。

特効薬などないのだ。本書刊行から10年の歳月を経て、民主党恐慌という二度と繰り返してはならない地獄よりはマシになったが、まだまだ解決には至っていないのが現状である。民主党恐慌後の安倍内閣菅義偉内閣、そして現在の岸田文雄内閣のもと、日本経済は着実に発展している。最悪期は脱して向上してきてもいる。しかし、本書に記されている問題はまだ解決していない。解決しようという向きも見られない。

なぜか?

上述のように、特効薬などない。少しずつ治療していくしかない。しかも、状況は年々悪化している。勤労者が減り、高齢者が増えている。支える人が減り続け、支えてもらう人が増え続けているのだから、状況は絶対に悪化する。民主党恐慌終結後の経済政策は、完膚なきまでに破壊された日本経済の立て直しと、悪化していく状況への対処に終始するしかなく、完治などまだまだ先の話である。

ここから先は予測であるが、一気に好転することはない。だが、どこかで好転はする。その好転のときに負担を押しつけられることとなるのは、これまでのおよそ50年の人生でずっと負担を背負わされてきた団塊ジュニア氷河期世代であろう。押しつけられていた負担に対する償いの方法など、無い。何しろ今後50年間の国家予算の全てを団塊ジュニア世代への償いのために注ぎ込んだとしてもプラスマイナスゼロにすらほど遠いのだから。

 

桃崎有一郎著「武士の起源を解きあかす:混血する古代、創発される中世」(ちくま新書)

武士の起源を解きあかす ──混血する古代、創発される中世 (ちくま新書)

現在放送中の大河ドラマ「光る君へ」の時代はまだ武士がそこまで強固な存在として確立されているわけではないように見えるが、その50年前には関東地方で平将門が、瀬戸内海で藤原純友が反乱を起こしている。すなわち、武士はもう誕生している。

私は平安時代叢書に於いて一つの説を提唱した。

平安時代初頭、桓武天皇から嵯峨天皇の時代までの38年間に亘る蝦夷との戦いを終えた後、派遣された朝廷軍が現地解散となった後に武士となったとする説である。そして、縄文人である蝦夷との戦いを終えたことで縄文時代終結した、すなわち、縄文時代が終わったと同時に武士が誕生したとした。

この説に異を唱える人は数多くいるであろうが、それでも武士という存在が日本の歴史に登場するようにあったのは平安時代であること、武士の誕生前に軍事力は存在していたが、その軍事力は朝廷の指揮下にあったことを認めない人はいないであろう。一般的には。

ただ、日本国の歴史に於いて考えなければならない重要な視点が一点ある。奈良時代までの日本は、地域の有力者である豪族と、中央政界における有力者である貴族との境界線は不明瞭であり、有力者がそれなりの軍事力を行使できていた一方、都が平安京に定められると豪族≒貴族という構図は崩れ、地方の有力者としての権力を失って京都に在駐するか、中央政界の権力を失って地方に滞在し続けるかの二択を迫られるようになったということである。

このうちの後者が後の武士の起悪魔での起源の一つであるが、無論、それだけが武士の起源ではない。

本書は、武士の正体についての謎を解明するために、古代と中世をまたにかけ、血統、都鄙、思想に着目することで。武士はいつ、どこで生まれたのかという問いを求める一冊である。

池上俊一著「フィレンツェ:比類なき文化都市の歴史」(岩波新書)

フィレンツェ-比類なき文化都市の歴史 (岩波新書)

埼玉スタジアムや国立競技場に5万人以上の人が詰めかけた光景を目にしたことがある人は多いであろうし、5万人の1人として体験したことのある人もいるだろう。

その上で、このように考えてみていただきたい。

ルネサンス期のフィレンツェの人口とほぼ同じである、と。

フィレンツェルネサンストップランナーを走った都市であるが、ルネサンス期にいきなり誕生した都市ではなく、都市としての歴史は紀元前まで遡ることができる。それこそ、ローマのロムルスとレムスより古くまで遡ることができる。

しかし、古代ローマ時代のフィレンツェイタリア半島の年の内の一つでしかなく、これといって特色のある都市ではなかった。中世カトリック社会におけるフィレンツェも近隣の都市であるピサの影に隠れた都市であった。

この都市が、ルネサンス期にカトリック社会のトップランナーに躍り出た。それも5万人程度の人口の都市が、その時代カトリック社会における最高の文化を醸造し、メディチ家のもとで発展を迎えたのだ。ダンテ・アリギエーリ、レオナルド・ダ・ヴィンチミケランジェロ、サンドロ・ボッティチェリなど、多くの偉大な人物を輩出したことは世界史の教科書で知るところであろう。

本書は、フィレンツェの歴史的背景、芸術の黄金時代、宗教改革、政治的な変遷などについて詳細に説明している一冊であり、また、フィレンツェの美術館、教会、広場などの観光スポットについても触れている。フィレンツェを学びたい人だけでなく、観光に行こうとしている人にとっても有用な一冊となるはずである。

網野善彦著「中世荘園の様相」(岩波文庫)

中世荘園の様相 (岩波文庫 青N402-1)

ついにこのときを迎えてしまった。

岩波文庫と言えば教科書に載っているような古今東西の名著を網羅しているレーベルであるが、それは同時に、歴史のテスト、あるいは古典のテストで登場する書名である。つまり、かなりの可能性で著者は歴史上の人物である。故人であるという以前に生まれる前の人物である。

それが歳月を経ることで、自分の知っている人が、会ったことのある人が、著者となって岩波文庫のレーベルに登場する瞬間を迎えるであろうというのは、脳内では知識として理解していることであるが、実感できる話ではなかった。去年までは。

去年ついに、自分が会ったことのある方の書籍が岩波文庫に登場した。網野善彦氏だ。もっとも、私と網野善彦氏との関係は、網野善彦氏の講演を私が聴衆の一人として聴いたというだけで、こちらは網野善彦氏を目にしたことがあると記憶していても、網野善彦氏にとっては数多くの聴衆のうちの一人でしかないから、面識があるなどという構図は成立しないのがまだ救いか。

さて、本書は網野善彦氏のデビュー作であり、若狭国太良荘、現在の福井県小浜市に存在していた荘園の成立から消滅までを描き出した一冊である。それは何も太良荘に特別な出来事が集中していたからではない。太良荘に起こっていたことは日本中のどの荘園でも起こっていた出来事である。網野善彦は太良荘に関する古文書を徹底的に調べ上げて論文としてまとめ、本書を上梓した。岩波文庫版は令和5(2023)年に刊行された一冊であるが、本書はもともと昭和41(1966)年に刊行された書籍である。つまり、現在の歴史研究に必須となっているデジタルヒューマニティーズの恩恵を全く得られない状況下でまとめた一冊である。

もし、著者名を隠して令和5(2023)年に刊行された書籍であると喧伝したら、最新技術を駆使した若手研究者の新しい歴史研究書と捉えるであろう。その上で著者名を挙げたら多くの人が驚愕するであろう。何しろ、現在のデジタルヒューマニティーズの実践としか思えない歴史研究書の上梓を今から58年前の研究環境下で実現させたことは感嘆するしかない。

 

佐川英治編「君主号と歴史世界(史学会シンポジウム叢書)」(山川出版社)

君主号と歴史世界 (史学会シンポジウム叢書)

現在、世界には200以上の国が存在する。そのうち君主制を採用している国は43ヶ国を数える。その中には、カナダやオーストラリア、ニュージーランドのように、自国に滞在していない人物を君主としている国も含まれる。ちなみに、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドはイギリス国王を国王としている国であり、日本人の感覚ではピンと来ないところもあるが、イギリス連邦とはそういうものであると考えるしかない。

さて、一概に君主制と言っても、君主=国王というわけではない。バチカンローマ教皇が君主であるし、カタールクウェートは首長が君主である。そして何より、日本国の君主は天皇であって王ではない。単に「王」のことを「天皇」としているのではなく、王と天皇との区別がついている状態で天皇を君主の号としているのである。ちなみに江戸時代の日本は皇帝である天皇の下に国王としての征夷大将軍が存在するという形で国外と接しており、オランダも、ペリーによる開国以後の欧米諸国も、天皇を皇帝と、将軍を国王として扱っている。

では、国王以外の君主号とは何なのか? 現代日本に生きる者であれば誰もが目にすることとなる「天皇」という二文字の単語はどのような意味を持っているのか? 国王ではダメなのか? かつて中国に存在していた皇帝とはどのような意味を持つのか? 同じ皇帝でも中国とローマ帝国とではどのような違いがあるのか?

君主号とは、君主制国家においては国家の根幹に関わる話である。君主号の変更があるとすればそれは歴史的な出来事であり、誤用は国際問題に発展する話である。君主号についての知識は身につけておいて損はない。

以下は本書の目次である。この目次を見るだけでも世界には多くの君主号があること、君主号があったことを知るであろう。そして、実際に本書に目を通すと、想像以上に君主号が多岐に渡り、その全てに重要な背景があることを知るはずである。

I部 東アジアの君主号
  1章 皇帝が「天子」を称するとき――中華の多元化と東部ユーラシア 佐川英治
  2章 ハン・ハーン・皇帝──中央ユーラシアと東アジアのなかの大清君主号 杉山清彦
  3章 清代シプソンパンナー王国における中国・ビルマ両属関係とその終焉 内房
  4章 天皇号の成立と唐風化 大津 透
II部 南アジア・中央アジア西アジアの君主号
  5章 スラトラーナ攷――神の鎧か西夷の号か 小倉智史
  6章 スルターンをこえて――セルジューク朝時代の君主号 大塚 修
  7章 称号はいかに生まれ、伝播するのか――バハードゥル=ハーンをめぐって 近藤信彰
III部 ヨーロッパの君主号
  8章 アウグストゥスのゆくえ――ローマ帝国統治の模索 田中 創
  9章 バシレウスからスルタンへ?――ギリシア正教徒とオスマン君主号 藤波伸嘉
  10章 複合君主号「皇帝にして国王」と主権の分有――ハプスブルクハンガリーの選挙王政と世襲王政 中澤達哉
  11章 君主号とブリテン革命――護国卿、あるいはオリヴァ王? 後藤はる美

天野郁夫著「学歴の社会史:教育と日本の近代」(新潮選書)

学歴の社会史: 教育と日本の近代 (新潮選書)

日本の教育と学歴に焦点を当てた、1992年刊行の書籍である。つまり、30年前の学歴問題をまとめた書籍であり、必ずしも最新の社会問題についての考察を述べている訳では無いことに注意が必要である。

と同時に、現在学歴社会の構造がどうして現状のようになっているのかを知るための重要な一冊であるとも言える。現在の大学生や大学受験生と、その一つ上の世代、具体的にはバブル時代に大学受験を体験した世代とでは学歴に対する大きな溝があるように感じるが、その溝の理由についても本書を読むことで理解いただけるはずである。

本書では、士族の生きる道として学歴が必要になった明治維新後から、旧制中学・高校を卒業しても職業選択が難しくなった明治後半への変遷を詳細に描写している。学校教育の価値や学歴の価値がどのように形成されていったのか、興味深い視点で探求されている。その延長上に戦後の学歴社会があり、その後の形として現在の学歴社会がある。それらは断絶しておらず一つの流れとなっている。

本書は、日本の教育に興味を持つ人、そして、学歴社会に飛び込む人にとって貴重な一冊であるといえる。

岩本宣明著「科学者が消える:ノーベル賞が取れなくなる日本」(東洋経済新報社)

科学者が消える―ノーベル賞が取れなくなる日本

まずは本書の目次をここに掲載するので目を通していただきたい。

 

日本人研究者がノーベル賞を受賞するケースが多かったが、それは過去の話とするしかない。これから先も受賞者が出てくることはあるだろうが、毎年のように何人もの受賞者が登場するような時代は過去の話とするしかない。それらは全て過去の遺産なのだ。

現在はどうなっているのか?

その問いに対する回答は本書の目次を見ていただければそれで十分であろう。

博士号を手にするまでの金銭的な問題、手にした後の研究環境、博士号を手にしても研究職に就けるとは限らず、就業できたとしても日々の雑務に追われて研究どころではない。そもそも日本国は満足いく研究環境を用意している国ではない。団塊ジュニア氷河期世代はまともに就職できない者が多かったがそれは研究職においても同じであり、博士号を取得したのに、どの大学も、どの研究機関も、博士号取得者を雇用することはなく、雇用したとしても不安定な非正規職に留められた。

もっとも、本書p.263-265にある政府の政策としての大学院重点化政策が学生の質を低下させ、博士号の粗製濫造を招いたという指摘は同意しない。そもそも母数が多いのだから、1990年以降に博士号を手にした者の数がそれ以前と比べてかなり増えても、それは当然である。能力が劣っているのではなく、能力を発揮する場所を用意してこない側の問題なのである。

優秀な者を使い捨ての消耗品として乱雑に扱ってきた結果が現在であり、これから社会がとるべきは、使い捨てにさせられてきた団塊ジュニア氷河期世代に対していかに償い続けるかである。よく「今からでも遅くはない」などというフレーズで慌てて政策を採ることを進言する者がいるが、もはやそのフレーズも通用しない。とっくに手遅れだが、それでも今のまま放置するともっと大問題となるので、やらないよりはマシというレベルの進言であるが、満足いく研究を生涯に亘って続けることができるだけの環境を全ての博士号取得者に提供することである。

それができるだけの税金はとっくに払い終えた。財源が無いなどという言い訳は通用しない。